家づくりとは「家という器」の完成ではなく、その「器をつくる過程」こそがもっとも重要です。

家を購入する前に、ご家族皆さまで話し合ってほしいことがあります。

それは「ご家族が、今後どうありたいか?」という事です。

家づくりを始めると、これまで何気なく過ごしてきた家族にさまざまな「問題・課題」が突きつけられます。

例えば…

子どもさんは、何人授かる予定ですか?

どんな風に育てたいですか?


だんな様や奥様のお仕事は、これからどうなっていくのでしょうか?


ご両親の老後の面倒はどうしますか?

そして避けて通れない「お金の話」。

家族の将来の課題や問題に正面から向き合い、一つ一つ答えを出していくこと。

それこそが家づくりの本質なのです。

この時に是非じっくりと、そして徹底的に、話し合ってください。

そしてお互いのことを、理解し合い、許しあい、気遣いあってください。

『子どもは、やっぱり5人は欲しいわ~』

『お前、そんなこと思っていたのかぁ…』

『あなたが、そんなことまで考えていたなんて…』

だんな様の想い、奥様の想い、ご両親の想い、そしてお子さま達の想い…

それぞれの想いに触れ合っていくと、必ず家族の仲が良くなっていきます。

それこそが、本当の家づくりの目的

そう、家づくりって『家族づくり』のことなのです。

家の間取りや仕様は、そこそこ固めてからじっくり決めても十分に間に合います。

一番大事な家族の「本音」を理解し合ってからでないと、家が完成してからの「未来の暮らし」をイメージしても「家族の幸せ」とかけ離れた、ポッカリと穴が空いたような「暮らし」になってしまいます。

だから、決して「家族の本音」や「現実」にフタをしないでほしいのです。

私たちが考える「いい家」とは、「家族が健康で仲良く暮らせる家」なのです。

自分達には、どのくらいの大きさの家が丁度よいのか?土地の広さは?予算は?

失敗しない家づくりのポイントは、いくつかあります。

是非、そんな事からお話をお聞かせ下さい。